※本ページはプロモーションが含まれてます

 

新着の魅力的なサイトはこちら!

プレイワールドカジノ プレイワールドカジノ!

ビットカジノ 仮想通貨のビットカジノ

エースカジノのアイリス

  ボンズカジノ

ボンズカジノ ボーナスコード【tukicasbons】で$35ボーナス獲得!

 

エルドアカジノ

なぜか大人気のふたつのカジノ!あなたはどちらが人気があると思いますか?!
  • A.謎のおじさんが案内人!キャッシュバックが人気のカジノシークレット
  • B.謎のピンクボールのラッキーくんが案内!知名度ナンバーワンのベラジョンカジノ
  • C.カジノシークレットとベラジョンの両方を見てみる!
シークレット比較 カジノシークレット ベラジョン比較 ベラジョンカジノ
 

エルドアカジノは違法なのかどうかを悩んでいるのなら読む記事!

エルドアカジノは違法なのかどうかを悩んでいるのなら読む記事!

ツキカジノ
ツキカジノ

こんにちは、ツキカジノです。
今回のテーマはエルドアカジノの違法です。

エルドアカジノの特徴は!

業界最多ライブテーブル250超
業界NO.1極上のVIPプログラム
安心してプレイオンラインカジノ

今回は

エルドアカジノの違法性・適法性
エルドアカジノの運営会社
エルドアカジノのライセンス

について詳しく説明します。

 

あなたはどちらを選びますか?!

  1. ハイローラーも満足、仮想通貨のトップランナーのカジノビットカジノ
  2. 【PW50】のコード入力で入金不要ボーナス50ドルのプレイワールド
  3. ビットカジノとプレイワールドカジノの両方選択!

 

エルドアカジノの違法性・適法性

エルドアカジノを始めとするオンラインカジノが違法かどうかです。

ですからこれはエルドアカジノだけでなく日本人向けの全てのオンラインカジノに絡む問題でもあります。

日本においてオンラインカジノは違法とは言い切れません。

かといって合法とも言い切れません。

いわゆるグレーゾーンです。

オンカジサイトやその紹介サイトなどでは合法としているところもあります。

しかしやっぱり根拠が弱いようです。

ちなみに「違法です」としている紹介サイトはありません。

それはそれで当たり前です。

プレイヤーに違法性があるか?

日本においてオンラインカジノでプレイすることの違法性を考えてみましょう。

日本には賭博を取り締まる法律がふたつあります。

  • 単純賭博(刑法185条)
  • 常習賭博および賭博場開帳等図利(刑法186条)

このふたつの法律を根拠にして違法か違法ではないかが決まります。

このふたつの法律は胴元の検挙を前提として成立しています。

すなわち胴元の検挙がない状態では賭博法は成立しないという考え方です。

すると必ずしも違法とは言えなくなります。

カジノの運営会社の所在地

カジノの場合胴元は運営会社のことです。

これはランドカジノでもオンラインカジノでも同じです。

ランドカジノは日本にはありません。
もし日本で運営していたらそれは違法です。

問題になるのがオンラインカジノの運営がどこでなされているかです。

もしオンラインカジノの運営が日本で行われていたら違法です。

しかし基本的にオンラインカジノの運営は外国です。
ですから運営の面では違法とは言えないようです。

実際の例について

過去にオンラインカジノで違法か違法ではないかで問題になった事件がありました。

その実際の例を見てみましょう。

あらまし

2016年3月に日本国内に居住する人が自宅などにおいてオンラインカジノをプレイし捜査を受けた事件がありました。

3人が捜査を受けましたがそのうちのふたりは略式起訴を受け入れました。

残ったひとりはこれを不当であるとし裁判で争おうとしました。

しかし検察は不起訴処分としました。

この事件は日本国内でオンラインカジノをプレイしても違法ではないことを裏付けした結果となりました。

プレイヤーを捕まえても胴元(運営会社)を取り締まれないことは明らかです。

胴元(運営会社)は外国にありその国の法律を遵守して運営してます。

それがわかっているのにプレイヤーだけを処罰するのは不当であるとみなせます。

この主張がいれられて不起訴となったようです。

以上の経緯でオンラインカジノでプレイをしても違法性は認められないと考えられるようになりました。

ちなみに事件が発生したオンラインカジノはエルドアカジノではありません。

弁護士 津田岳宏氏

この事件を担当した弁護士が津田岳宏氏です。

津田岳宏氏はプロ雀士でもあります。
いわばギャンブルの専門家である弁護士です。

非常に豊富な経験と見識をお持ちの方です。

経緯については津田岳宏氏の公式ブログに詳しく記載されています。

不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

ポイントは運営拠点

不起訴になったことのポイントは運営拠点にあるようです。

オンラインカジノであっても運営拠点が日本国内にある場合は明らかに「違法」です。

冒頭に挙げたふたつの法律は胴元すなわち運営者を摘発する法律です。

実際に国内で運営をしていたオンラインカジノの業者が摘発された事例もあります。

その場合は違法です。

すなわち一番のポイントは
・運営が日本国内ではないこと!

この点に気をつければ違法とは認められないようです。

そのためにはエルドアカジノのように運営国が外国にあれば違法とは認められないようです。

違法か違法でないかの最終的判断

実のところ違法か違法でないかの最終的判断は司法が行います。

起訴をされたかどうかで違法か違法でないかが決まるのではありません。

あくまでも最終判断は司法です。

違法かどうかは国内だけの問題ではない

オンラインカジノは運営国やライセンス発行国の法律から見ても違法か違法でないかを判断される立場にあります。

つまり運営会社が公に認められたライセンスを受けていることも大切です。

オンラインカジノでプレイする際には必ずライセンスを確認しましょう。

 

 

エルドアカジノの運営会社

それではここからはエルドアカジノの運営会社に関して確認します。

グローバル システム テクノロジーズ

エルドアカジノの運営会社は Global System Technologies Inc. (グローバル システム テクノロジーズ)
です。

イギリス領のヴァージン諸島にあります。

日本の法律がおよばないところです。

ラスベガスやマカオやモナコに行って日本人がカジノを楽しんでも法律には触れません。

それらのカジノは現地の法律に従い適切に運営されているからです。

オンラインカジノはインターネットを介して運営をしている国でプレイをしています。

リモートでのプレイという考え方です。

そしてエルドアカジノもイギリス領のヴァージン諸島の法律に則って運営されています。

 

 

エルドアカジノのライセンス

エルドアカジノのライセンスについて確認します。

ライセンスの表記

健全に運営されているオンラインカジノはライセンスに関する記述が公式サイトにあります。

エルドアカジノの公式サイトにもライセンスについての表記があります。
利用規約から引用します。

当方はカナダの法律に準拠し、KAHNAWAKE GAMING COMMISSIONより、完全なるライセンス認可、及び規制を受けています。当方は eldoah.com のウェブサイトを運営し、インターネット上でのオンラインカジノサービスを提供しています。

エルドアカジノ公式サイト利用規約より引用

さらにエルドアカジノの全てのページにはダブルライセンスのロゴがあります。

2つのロゴの片方はカナワク・ゲーミング・コミッション(KAHNAWAKE GAMING COMMISSION)です。

そしてもう片方はゲーミング・キュラソー(GAMING CURACAO)です。

エルドアカジノはふたつのライセンスを取得しています。

エルドアカジノのダブル・ライセンス

それではエルドアカジノのふたつのライセンスを確認します。

エルドアカジノのライセンス発行のカナワク

カナワク(Kahnawake)はカナダのケベック州モントリオール近郊の先住民の居留地です。

他の先住民居留区と共にイロコイ連邦を構成しています。

カナワクに関してウィキペディアから引用します。

モントリオールからはセントローレンス川を挟んだ南岸にあり、西側をシャトゲに隣接している。居留区の面積は48.05 km2でインディアン法に基づきケベック州の管轄が及んでおらず、独自の自治権を持っている。インディアン居留区No. 14とも表示される。カジノ産業が盛んにおこなわれている。

ウィキペディアより引用

カナワクは独自の自治権を持っているため独自にライセンスを発行できます。

特にカジノ産業が盛んです。
オンラインカジノのライセンスもその一環のようです。

 

 

エルドアカジノのライセンス発行のキュラソー

エルドアカジノが取得しているライセンスのもうひとつの発行国はキュラソーです。

キュラソーはカリブ海の島でオランダ王国の構成国です。

南米大陸の北部の国ベネズエラの沖合60kmあたりにある島国です。

オランダ語で表記すると「Curacao」となります。

オンラインカジノのライセンスではCuracaoは頻繁に見かけます。

キュラソーではオンラインカジノの運営を認めており審査が厳しいことでも有名です。

その厳しい審査にパスしたオンラインカジノにライセンスを発行し運営を認可をしています。

エルドアカジノがライセンスを取得しているキュラソーはそのような国です。

おわりに

今回はエルドアカジノをはじめとするオンラインカジノの違法性に関して考えてきました。
オンライカジノを日本で運営するのは違法となります。
またオンラインカジノを利用したギャンブルの運営を日本で行うのも違法になります。

一方で運営国やライセンス発行国から見るとエルドアカジノは違法ではありません。
エルドアカジノに登録して個人で楽しむようにしましょう。

 

 

エルドアカジノの登録方法!初心者でもよくわかる8つのコツと注意点
エルドアカジノは、ライブカジノ利用満足度No.1のオンラインカジノです。入出金もスピーディーで、しかも高額対応もできます。とてもハイスペックなのに初心者にも馴染みやすいと評判です。まずは登録方法を初心者にもよくわかるように説明しました。

 

ミスティーノ ミスティーノ

入金限度額  50ドル-1万ドル
出金限度額  100ドル-1万ドル

入金手数料  なし
出金手数料  なし(入金額と同額以上を賭けている)
10%(入金額と同額まで賭けていない)

登録や入金の特典が豊富な楽しいオンカジ
リベートボーナスも充実
仮想通貨は2系統の入出金経路

 

カジノシークレット カジノシークレット

入金限度額 20ドル-1万ドル
出金限度額 100ドル-1万ドル
手数料   なし

銀行送金の最高が1万ドル
日本のプレイヤーからの絶大なる支持
キャッシュバックは出金条件なし

 

カジ旅 カジ旅

入金限度額  15ドル-1万ドル
出金限度額  15ドル-1万ドル

ライセンス  キュラソー

カジ旅グループの中心的存在
運営はSweetspot N.V.社
RPGタイプの特徴的なオンラインカジノ
万ドルベッドテーブルも多数あり

 

タイトルとURLをコピーしました