カジノにはツキは付きもの。オンラインカジノを理解し、楽しみツキを呼び込む

ツキカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの違法性と合法性!日本人プレイヤーがプレイできる理由を初心者向けに解説【最新】

更新日:

ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

ベラジョンカジノの違法性と合法性!日本人プレイヤーがプレイできる理由を初心者向けに解説【最新】

こんにちは、ツキカジノです。
この記事のテーマは
ベラジョンカジノの違法性です。

違法性・合法性について解説します。

違法性とは?

ベラジョンカジノの運営会社の違法性は?

プレイヤーに違法性があるか?

実際の例について

違法性とは?

ベラジョンカジノでプレイすることに
違法性がなにかを考える場合

「違法とは何か?」を
考える必要があります。

違法とは
それぞれの国によって
決められた法律が有り
その法律に従わないことです。

法律は立法府で決められます。
日本では国会です。

法律に従っているかどうかは
司法で判断されます。
日本では裁判所です。

法律によって治められている国を
「法治国家」と呼びます。

その法律を守っていれば
違法ではありません。

ベラジョンカジノの運営会社の違法性は?

ベラジョンカジノの運営会社に
違法性がないかを見てみます。

ベラジョンカジノの運営会社は
Breckenridge Curacao B.V. です。

ベラジョンカジノの
公式ページから引用します。

Breckenridge Curacao B.V.はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #1668/JAZに基づくCEG Curacao Egaming により付与されたサブライセンスを通して、正式に認可されています。

ベラジョン公式ページ:ライセンスより引用

これよりベラジョンカジノは
キュラソーの法律に則って
運営されていることがわかります。

そこに違法性は有りません。

なおライセンスに関しては
こちらの記事にまとめています。
関連記事:ベラジョンカジノのライセンスで適法性が初心者にもわかる3つの理由【2022最新】

 

 

プレイヤーに違法性があるか?

では次に日本でオンラインカジノを
プレイすることの違法性を見てみます。

日本には賭博を取り締まる法律が
ふたつあります。

  • 単純賭博(刑法185条)
  • 常習賭博および賭博場開帳等図利(刑法186条)

このふたつの法律は
胴元の検挙を前提に成立しています。

すなわち胴元の検挙がない状態では
賭博法は成立しないということです。

カジノの場合
胴元は運営会社のことです。

そこで問題になるのが
オンラインカジノが
どこで運営されているかです。

もしカジノの運営が日本で行われていたら
これは違法とみなされます。

ベラジョンカジノの
運営はキュラソーです。
日本の法律がおよばないところです。

ラスベガスやマカオやモナコに行って
日本人がカジノを楽しんでも
法律には触れません。

それらのカジノは現地の法律に従い
適切に運営されているからです。

オンラインカジノは
インターネットを介して
運営をしている国でプレイをします。

リモートで行っていると見なせます。

 

 

実際の例について

では実際の例を見てみましょう。

 概要 

2016年3月に
日本国内に居住する人が
自宅などにおいてオンラインカジノを
プレイして捜査を受けた事がありました。

これを不当であるとしたプレイヤーは
裁判で争おうとしましたが
検察は不起訴処分としました。

この事件は
日本国内でオンラインカジノをプレイしても
違法ではないことを裏付けした結果となりました。

プレイヤーを捕まえても
胴元(運営会社)を取り締まれないことは
明らかです。

なぜなら胴元は外国であり
その国の法律を守って運営しているからです。

それがわかっているのに
プレイヤーだけを処罰するのは
いかにも不当ですよね。

この主張がいれられて不起訴となりました。

以上の経緯で
オンラインカジノでプレイしても
違法性は認められないと
考えられるようになりました。

 弁護士 津田岳宏氏 

この事件はプロ雀士でもある弁護士の
津田岳宏氏が担当しています。

経緯については
津田氏の公式ブログに
詳細が記されています。

不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

 ポイントは運営拠点 

オンラインカジノでも運営拠点が
日本国内にある場合は「違法」です。

冒頭に上げた2つの法律は
胴元すなわち運営者を摘発する法律です。

実際に国内で運営をしていた
オンラインカジノの業者が摘発されています。

そこで一番のポイントは
・運営が日本国内ではないこと!

この点に気を配れば違法とは
認められないようです。

そのためにはベラジョンカジノのように
運営国の
ライセンスを受けていることが重要です。

必ずライセンスを確認しましょう。

関連記事:ベラジョンカジノのライセンスで適法性が初心者にもわかる3つの理由【2022最新】

おわりに

今回はベラジョンカジノの違法性について
実際の例を含めて取り上げてきました。

結論としてオンラインカジノに
違法性はないようです。

ただしきちんとライセンスを取得している
オンラインカジノでプレイすることが
なによりも重要です。

 

ベラジョンカジノの登録方法について準備・登録手順・注意点などを含めて解説!

ツキカジノがおすすめする
オンラインカジノ!


ワンダーカジノ ワンダーカジノ
入金限度額  10ドル-10万ドル(1日あたり)
出金限度額  50ドル-無制限

ライセンス  キュラソー

対応速度No.1カジノ
信頼できるライセンス
たった1日業界最速でVIPクラス最上位へ
平均5分!入出金即時対応
24時間日本語サポート対応
 
 


エルドアカジノ エルドアカジノ
入金限度額  1,000円-無制限
出金限度額  5,000円-無制限

ライセンス  カナワクとキュラソーのダブルライセンス

業界最多テーブル数
勝利実績No.1
安心・安全なプレイ環境
入出金上限額なし
至極のVIPプログラム
 
 

-ベラジョンカジノ
-, ,

Copyright© ツキカジノ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.