ビットカジノ

ビットカジノはライセンスで適法性がしっかりしている3つの理由【2022最新】

投稿日:2022年2月8日 更新日:

ビットカジノ

ビットカジノはライセンスで適法性がしっかりしている3つの理由【2022最新】

ビットカジノはきちんと法律に
則って運営されています。

ですから適法性が
保証されているということです。

その適法性の根拠である
ライセンスについて調べました。

オンラインカジノの適法性

ビットカジノの運営国

ビットカジノのライセンス

ビットカジノはライセンスを遵守

ビットカジノのライセンスで適法性がわかる3つの理由

 

オンラインカジノの適法性

ビットカジノの適法性を考える前に
まずはオンラインカジノの
適法性を考えてみましょう。

事件が起これば、それをきっかけに
それが違法だとか合法だとか
論ずる人たちが現れます。

オンラインカジノの例外ではありません。

 オンラインカジノの適法性とは? 

オンラインカジノの適法性については
まずは「適法性とは何か」を
考える必要があります。

適法性とは法律に則っているという
意味なので、違法でなければ適法です。

問題となるのはどの国において
「適法である」のかということです。

オンラインカジノは運営をしている国で
合法であれば「適法性」にかないます。

オンラインカジノが適法であるかどうかは
以下の3点によって決まります。

1)どの国で運営されているのか?
2)ライセンスを取得しているか?
3)ライセンスを遵守しているか?

この3点からまずはオンラインカジノを
確認してみましょう。

 

 

 どの国で運営されているのか? 

最初に確認すべきことは、
オンラインカジノの運営国です。

ビットカジノのようなオンラインカジノは
世界中で運営が許可されている
わけではありません。

例えば、日本では許可されていません。

しかし、日本人がカジノでの遊びを
禁止されているのではありません。

ラスベガスやモナコやマカオで
日本人がプレイしてもその国の法律を
守っている限り問題ありません。

同様に日本人がインターネット経由で
ビットカジノのような
オンラインカジノでプレイしていると
解釈するのが一般的です。

ですから、オンラインカジノは
運営してもいい国で運営されている
必要があります。

 ライセンスを取得しているか? 

オンラインカジノを運営してもいい国は
運営許可証を発行します。

これがライセンスです。

ですから国が発行するライセンスがあれば
オンラインカジノを
運営しても良いということです。

基本的にはオンラインカジノは
ライセンスを取得していると
考えていいでしょう。

ライセンスを発行している国々では
審査が厳しい国と
そうでない国があります。

オンラインカジノのライセンスで
審査が厳しい国として、
以下の国々が有名です。

  • 英国
  • マン島
  • マルタ共和国
  • キュラソー
  • ジブラルタル

他にもありますが、
これらの国のライセンスがあれば、
信頼できると思っていいでしょう。

 ライセンスを遵守しているか? 

ビットカジノのような
オンラインカジノではライセンスを
取得するのが大変なのですが、
それを維持するのはさらに大変です。

ライセンスは取得したらそれを
守らないと意味がありません。

ライセンスを遵守して、
継続審査にもパスしていくことが
何よりも重要です。

そのためには、プレイヤーにも
規則を守ってもらう必要があります。

 

 

ビットカジノの運営国

ここまではオンラインカジノ全般について
取り上げてきましたので、ここからは
ビットカジノがどうなのかを確認します。

 ビットカジノはキュラソーで運営 

ビットカジノの適法性を考える時には
ビットカジノがどの国で
運営されているかが
とても重要なことです。

ビットカジノはキュラソーで
運営されています。

キュラソーはオランダ王国の
構成国のうちのひとつです。

キュラソーは、
オンラインカジノの運営を認めています。

しかし審査はとても厳しく、
その審査にパスしたカジノにだけ
ライセンスを発行しています。


キュラソーはオランダ王国の構成国です。
オランダ語で「Curacao」

クラサオとかクラカオと発音することも
あるようですが、日本語の表記では
「キュラソー」が一般的です。

 

南米ベネズエラの北方約60kmの
カリブ海に位置する島です。

面積は444平方キロメートルで
日本の種子島とほぼ同じです。

首都はウィレムスタット。

国全体の人口は15万人弱です。

リキュールのキュラソー酒で有名で、
観光などが主な産業です。

 

ビットカジノのライセンス

信頼のおけるオンラインカジノは
公式サイトでライセンスについて
明記しています。

もちろんビットカジノも
公式サイトにライセンスを示しています。

当サイトは、Moon Technologies B.V.(住所:Kaya Richard J. Beaujon Z/N Landhuis Joonchi II Curacao)が所有・運営しており、オランダ領キュラソー政府からライセンス1668/JAZの認可を受け規制に準拠しています。完全子会社であるmProcessing Solutions Ltd, Cyprus(住所:Menandrou 4, 1066, Nicosia, Cyprus)が一部の決済処理を行なっております。

ビットカジノ公式サイトより引用

 

 Moon Technologies B.V. 

ビットカジノは
Moon Technologies B.V. が
運営しています。

そして、運営国は
キュラソー(オランダ領)です。

 

 

ビットカジノはライセンスを遵守

ビットカジノはキュラソー政府により
発行されたライセンスを所持しています。

どのように遵守しているか、すなわち
プレイヤーにどのような
リクエストをしているかを
例を上げて確認してみましょう。

 アカウント認証 

とりあげる例はアカウント認証です。

ビットカジノはアカウント認証を
しないわけではありません。

取引額が多くなってくると
やはり本人確認を行います。

アカウント認証に関して、
ビットカジノの公式サイトから
引用します。

ビットカジノではゲームのプレイや入出金の金額が一定の金額に足した場合、本人確認書類の提出をお願いをする場合がございます。

本人確認は、ビットカジノが取得しているライセンスのAML規制に基づき、準拠していることを確認するためのものです。本人確認は数分で完了することができます。承諾されなかった場合は、アカウントに表示されます。承認が完了するまでアカウントに制限がかかることがございますのでご了承ください。

ビットカジノ公式サイトより引用

 

本人確認を行う根拠として
ライセンスが明記してあります。

このアカウント認証は、
ビットカジノがライセンスを
維持するために行う標準的な手続きです。

 アクセスの禁止地域 

もうひとつの例は
アクセスの禁止地域があることです。

こちらもビットカジノの公式サイトから
引用してみます。

法律上または商業上のさまざまな理由により、 アフガニスタン、アメリカ合衆国(およびその従属国、軍事基地、領土)、イエメン、イギリス、イラク、イラン、エストニア、オーストラリア、オランダ、シリア、ドイツ、トリニダード・トバゴ、フランス、ベルギー、マルタ、ミャンマー、北朝鮮 、またはそのほかの規制されている国にプレイヤーが居住している場合はプレイヤーアカウントの開設および使用を認められていません。当サイトを利用しているということは、プレイヤーは規制された国に居住していないことをプレイヤーが確認したとみなします。

ビットカジノ公式サイトより引用

このように、アカウントの開設や
使用が認められていない国があるので
日本人といえども注意が必要です。

アメリカ合衆国などからの
アクセスは禁止です。

これらの地域から
アクセスしないようにしましょう。

なお、日本は禁止地域に入っていません。

よってアクセスをしてもライセンスに
抵触することはありません。

ビットカジノのライセンスで適法性がわかる3つの理由

ビットカジノのライセンスに関して
確認してきました。

ここでビットカジノの適法性がわかる
3つの理由の発表します。

理由1 ビットカジノはキュラソーで運営されています

理由2 ビットカジノのライセンスはキュラソー政府に認可されています

理由3 ビットカジノは厳しい審査・監視のもとでライセンスを遵守・維持しています

おわりに

ビットカジノの適法性について
説明してきました。

ビットカジノでは審査の厳しい
キュラソーから
ライセンスを取得しています。

適法性としては申し分ないと言えます。

これで安心してビットカジノで
プレイをすることができますね。

 

 

ビットカジノの登録方法を手順と注意点や仮想通貨の入出金方法と合わせて解説!

 

-ビットカジノ
-, ,

Copyright© ツキカジノ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.